2012年10月14日

逝ってらっしゃい

10月12日、はにわ様の葬儀・納骨をしてきました。
ビックリする程のお花を頂いて、大好きなお花に囲まれて旅立つ事が出来ました。
本当に、ありがとうございます。きっとあたしが旅立つ事になっても、あんなにお花届かないやろうなぁ...って、つくづく周りの皆に愛された存在だったのを痛感させて頂きました。

皆の愛に包まれて良い香りに包まれたね

ほんと、連れて帰ってきた時は葬儀の事なんて考えられず、泣く事しか出来なかったのですが、そのままではいけないっ!って言ってもらって、家から一番近くのお墓を見つける事が出来ました。

逝ってらっしゃい

もう、終了〜って言われないのを良い事にずぅぅぅぅっと撫でくり回したはにぃさん。

わらわは、一切近寄ろうとはせず横を通るときも駆け足でササッとひたすら避け続けてました。はにぃの入院中に、そういえばわらわがあんなに大好きだったはにん説教今年入って見てないなぁって。わらわは、はにんの不調を教えてくれてたのに、気付かなくてごめん...

こちらでお世話になりますこちらで見守ってもらいます

心底家族思いで、いつまでもわたしの帰りを待っててくれたは兄さん。
絶対に見つけるから、これからはあたしらの心配は程々に、しっかり遊んで楽しんでてな。
近くにあって良かった

そうそう、このお墓ドッグカフェの隣やから、おいしい匂いいっつもするよね。それも、ここにして良かったと思えるとこやねん。

僕らのこと、見ててな安心してな

もちろん、お二人さんには救われてるけど3-1では無い欠落感...看取ってまで、飼ったといえるのだ!って信念は持ってるつもりやけど、もう朝起きたら死んでてくれたらいいのにって思える程、看させて欲しかったなぁ。

はにぃのおかげで、慌てて掻き集めた健康食品食べてお二人さんには、はにん超えしてもらうからね。
だから、まだまだ掛かるし絶対逢えるから今迄みたいに、玄関で待ってやんでいいからね。

ありがとう、はにやん。

ニックネーム ミソ at 13:32| Comment(4) | TrackBack(0) | はにわ 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月11日

はにわ、はにん、はにぃ、にんにん、にぃにぃたん...

今日、はにわさん帰宅なされました。

お帰り、はにぃお帰り、はにぃたん

病院から電話をもらって、仕事丸投げして駆けつけると、まだ温もりの残る状態でした。
ほんとに術後の経過は良かったんです。でも、癌の進行がきっと凄かったんでしょうね。

ほんとに寝てるだけみたい...いつもの光景みたいなのに...

これから、介護頑張るつもりやったのんにね。

はにわ花

あれしてれば、これもしてたら等々言い出したらキリが無いので、それはグッと堪えます。

お仏壇完成

今はただ、お疲れ様。もうちょっとだけ、待っててね。


ニックネーム ミソ at 23:20| Comment(8) | TrackBack(0) | はにわ 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

手術、無事終了しました!!

わて、ばんばる!!最後の散歩なるか思たがな

なんて心配をよそに、術後の先生からの電話では「すっごい元気で、もうギャンギャン言うてます...」なんておっしゃって頂ける程に、お元気です。

お達者倶楽部健在ですGood
ニックネーム ミソ at 22:52| Comment(8) | TrackBack(0) | はにわ 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どえらいこってす!!

実は、我が家の長兄「はにわ」さん、先月末からどえらい事態になっております顔(なに〜)

行ってきますねんわて、えらいこっちゃexclamation×2なことなってますねん

今年のフィラリアのお薬を貰いに行く頃に気付いた手の出来物が、あれよあれよと大きくなって発見したときは、小指の爪程度だったのに今ではおっきな梅干し大に育っていまして...ウジウジ考えてたのですが、やっとの事で摘出を決心しました。

9/30の術前検査にて、重度の貧血が出てたのでエコーしたところ脾臓に怪しいモノが見つけられたそうで...

先生は「良く見つけた俺るんるん」感滲み出る言い方でしたが、手術は念のためCT撮ってから進めていきますとの事で、10/4(木)に決定。

すっかりお年頃なので、手術前夜は精一杯の晩餐ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

先にがっついちゃうぜい!アガリスク効果期待して、はなびら茸とかぼちゃのミートローフ&鶏レバーとなめこのハンバーグ

でひゃひゃ、バレたさっき、がっつこうとしたんバレましたがな犬(笑)

で、決戦に挑んだ10月4日昨晩の暴食の影響?朝から、はにわ氏ちょっと体調が優れない様子でして...
それでも、信頼出来る先生なので全てお話しして託して参りました。

CT撮影後、直ぐに電話を頂きとても良くない診断結果のため手術は断念。夕方診察の時に説明します、との事。

とにかく、今は生きてるってのが救いで早く迎えに行かなくちゃ!な思い一心で、病院へGO!ダッシュ(走り出すさま)

開腹していないので、病理検査はしていないけれど画像から「脾臓の血管肉腫」で間違いなく、6つある犬の肝臓全てに転移が見受けられるので、今の状態での手術は負担でしかないので手術は見送りました、との事。

数日しか経っていないのに、貧血の進行が早いのでとりあえず輸血が必要、たいへん時間のかかる行為なので今晩は1泊して輸血する。

一昔前だったら、年齢的にも治療法は無く見守るしか出来なかったそうなのですが、新しい治療法で「メトロノーム療法」なるものが、あるそうで抗がん剤と聞くと怖いイメージしか思い浮かばないのですが、思い当たるデメリットは臨床例の少なさだけとの説明を受け治療方向の決定をしました。

手の腫瘍を取るだけのつもりが、思いも寄らない事態に発展していきましたが年齢だから...って、少し元気が無い程度では通院してなかったと思うので、発見出来て良かったと思いこの病気と闘って行く決意を固めております。

すこぶる快調な予感帰ってきたワテ

こう見えて闘ってますねんこう見えても、闘ってますねん

輸血後の経過が先生もビックリなさる程良いので、もひとつ急ですが明日10月8日脾臓摘出の手術を決定しました。

手術出来る体作りを目指しての治療方向だったので、こんなに早くてアウアウなのですが、この機会をチャンスと信じて共に乗り越えて行きますね手(グー)

手のデキモノが見たければドゾ
ニックネーム ミソ at 02:46| Comment(3) | TrackBack(0) | はにわ 闘病記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする